テーマ別: ライフ

ロゴアイコン 監修記事掲載のお知らせ(ドットマネーサイト【【2024年】学生向けクレジットカードおすすめ15選比較!大学生も作れるカードも紹介】)

マネー

2024年7月8日 15:54

ドットマネーサイトにて、新たに監修記事が掲載されましたのでお知らせします。

今回監修した記事のテーマは
【【2024年】学生向けクレジットカードおすすめ15選比較!大学生も作れるカードも紹介】
記事へのリンクはこちらになります↓
https://d-money.jp/creditcard/student/

学生にとっては、クレジットカード を発行することも大きな決断のひとつです。
アルバイトをしている学生も多いですが、収入が不安定なこともあり、その状態でクレジットカードの審査に通過できるのか、そもそも申込めるのか、と悩む人も多いのではないでしょうか。

クレジットカード選びで迷っている学生の方や、「大学生になった自分の子どもがクレジットカードを持ちたいといっている」というような保護者の方は本記事を参考にしてみてください☆

ロゴアイコン 監修記事掲載のお知らせ(スゴい住宅ローン探し【タワマン売却、半数以上が1000万円超の利益 資産性の高さを裏付け】)

マネー

2024年7月8日 13:42

リクルート様のスゴい住宅ローン探しサイトにて、新たに監修記事が掲載されましたのでお知らせします。

今回監修した記事のテーマは
【タワマン売却、半数以上が1000万円超の利益 資産性の高さを裏付け】
記事へのリンクはこちらになります↓
https://finance.recruit.co.jp/article/n175/

LIFULLが、過去5年以内に一都三県または大阪府のタワーマンションを売却した経験がある人を対象に意識調査を実施しました。その調査によると、半数以上にあたる57.9%の人が、マンションの売却によって1000万円以上の利益が出たと回答しています。

タワーマンションはもともと資産性が高いことで知られていますが、価格が高騰している今はまさに売り時といえるでしょう。一方で、同じ時期に売却しているにもかかわらず、売却損が出ている人がいる点は要注意です。

資産性が高いとされるタワーマンションで、このような違いが生じるのにはどのような理由があるのでしょうか。この記事では、売却によって利益が生まれたタワマンと損失が生まれたタワマンの物件の違いなどを解説します☆

 

ロゴアイコン 監修記事掲載のお知らせ(スゴい住宅ローン探し【東京都の出生率0.99、過去最低を記録 居住コストの高さがネック】)

ライフ

2024年7月8日 13:39

リクルート様のスゴい住宅ローン探しサイトにて、新たに監修記事が掲載されましたのでお知らせします。

今回監修した記事のテーマは
【東京都の出生率0.99、過去最低を記録 居住コストの高さがネック】
記事へのリンクはこちらになります↓
https://finance.recruit.co.jp/article/n174/

近年、日本では少子化が進んでいるといわれますが、その象徴ともいえる数値が合計特殊出生率です。厚生労働省「2023年 人口動態統計」によると、合計特殊出生率は全国平均で1.20でした。全国で最も低かったのは東京都の0.99で、これは前年の1.04を下回って過去最低です。合計特殊出生率は全国的に下落傾向にあるものの、特に東京都においては近年続く家賃の値上げや、住宅価格の高騰による居住コストの高さが要因の1つとされています。

東京都への人口流入数は依然として多く、合計特殊出生率が低くても不動産ニーズは堅調で都心部を中心に住宅価格は上がり続けています。しかし本当にそのようなエリアで、マイホームを購入するリスクはないのでしょうか。そこで今回は、東京都で合計特殊出生率が低下している背景をはじめ、不動産の資産価値との関係性を解説していきます☆

ロゴアイコン 監修記事掲載のお知らせ(スゴい住宅ローン探し【住宅ローンの相談件数が増加!実質賃金マイナス、金利上昇で金銭面の不安が浮き彫り】)

ローン

2024年7月8日 13:28

リクルート様のスゴい住宅ローン探しサイトにて、新たに監修記事が掲載されましたのでお知らせします。

今回監修した記事のテーマは
【住宅ローンの相談件数が増加!実質賃金マイナス、金利上昇で金銭面の不安が浮き彫り】
記事へのリンクはこちらになります↓
https://finance.recruit.co.jp/article/n173/

2024年の春闘では、大企業を中心に多くの企業でベースアップが実施されました。しかし、その一方で物価上昇は止まっておらず、労働者の給与と物価変動を反映した実質賃金では2024年4月時点で25カ月連続のマイナスが続いています。さらに、日銀はこれまで行われてきた金融緩和政策を徐々に見直し引き締める方針を示しており、すでに住宅ローンの固定金利は上昇傾向です。

物価と金利の上昇がダブルで起きつつある現状において、これから住宅を購入する世帯では家計への不安から住宅ローンの相談件数が増えています。そこで今回は、実質賃金が金利に与える影響と住宅ローンの問い合わせが増えている背景について解説していきます☆

ロゴアイコン 監修記事掲載のお知らせ(セミナーガイド【女性のためのマネーセミナーは怪しい?危険や詐欺はあるのか】)

マネー

2024年7月2日 15:46

セミナーガイドサイトにて、新たに監修記事が掲載されましたのでお知らせします。

今回監修した記事のテーマは
【女性のためのマネーセミナーは怪しい?危険や詐欺はあるのか】
記事へのリンクはこちらになります↓
https://sitecreation.co.jp/seminar/moneyseminar-women-ayashii/


女性のためのマネーセミナーの中には、詐欺の危険などがある怪しいマネーセミナーも存在します。
この記事では、怪しいマネーセミナーの特徴や見分け方について解説します。
これからマネーセミナーを受けてみようと考えておられる方はぜひ参考にしてください☆

 

ロゴアイコン 監修記事掲載のお知らせ(MoneyJourneyサイト【退職金の運用におすすめの方法とは?ポイントを解説】)

資産運用

2024年6月25日 14:46

MoneyJourneyサイトにて、新たに監修記事が掲載されましたのでお知らせします。

今回監修した記事のテーマは
【退職金の運用におすすめの方法とは?ポイントを解説】
記事へのリンクはこちらになります↓
https://money-journey.moneyforward.com/68597/

退職金をただ銀行に預けておくだけでいいのでしょうか?本記事では、運用にまつわる理由や成功のポイントまで、退職後も安心で豊かな生活を送るための重要な知識を取り上げるとともに、退職金を賢く運用によって安定した将来を手に入れる方法を詳しく解説します☆

ロゴアイコン 監修記事掲載のお知らせ(MoneyJourneyサイト【退職金に税金がかからないのはいくらまで?計算方法や税金支払いタイミング】)

マネー

2024年6月25日 14:44

MoneyJourneyサイトにて、新たに監修記事が掲載されましたのでお知らせします。

今回監修した記事のテーマは
【退職金に税金がかからないのはいくらまで?計算方法や税金支払いタイミング】
記事へのリンクはこちらになります↓
https://money-journey.moneyforward.com/68606/

退職金を受け取る際に気になるのが税金の問題です。多くの人が受け取った退職金に税金がいくらかかるのか、またどうすれば税金を減らすことができるのか、具体的な計算方法はどうなっているのかを気にしている方もいるのではないでしょうか。

本記事では、所得税、復興特別所得税、住民税といった退職金にかかる税金の種類から、具体的な計算方法、税金がかからない退職金の条件、そして税金を払うタイミングまで詳しく解説します。また、退職金を受け取った後に確定申告が必要かどうかについても触れ、退職金を賢く受け取るためのポイントもまとめました☆

ロゴアイコン 執筆記事掲載のお知らせ(マニュライフ生命コラム【生命保険料控除とは?計算方法や年末調整の申請方法を確認しよう】)

マネー

2024年6月25日 14:41

マニュライフ生命コラムサイトにて、新たに執筆記事が完了しましたのでお知らせします。

今回執筆した記事のテーマは
【生命保険料控除とは?計算方法や年末調整の申請方法を確認しよう】
記事へのリンクはこちらになります↓
https://www.manulife.co.jp/ja/individual/about/insight/column/article/column129.html

生命保険料控除とは、所得控除の一つです。民間の生命保険に加入しており、保険料を払い込んでいるなら、加入している保険の種類と払い込んでいる保険料に応じた所得控除が受けられます。

今回は生命保険料控除の概要についてわかりやすく解説するとともに、保険料控除額の計算方法や申請方法についても紹介します☆

ロゴアイコン 監修記事掲載のお知らせ(マイベストサイト【教育ローンのおすすめ人気ランキング18選【2024年6月徹底比較】】)

ローン

2024年6月21日 14:03

マイベストサイトにて、新たに執筆記事が掲載されましたのでお知らせします。

今回監修した記事のテーマは
【教育ローンのおすすめ人気ランキング18選【2024年6月徹底比較】】
記事へのリンクはこちらになります↓
https://my-best.com/12393

子どもの進学費用をサポートする「教育ローン」。学資ローンとも呼ばれ、高額な教育費用だけでなく社会人の自己啓発にも利用可能です。
しかし、みずほ銀行などのメガバンクや横浜銀行などの地方銀行のほかにも、イオン銀行やJA、オリコといった多くの金融機関が扱っており「低金利なのはどこ?」「奨学金や国の教育ローンとの違いは?」など、疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

今回は、人気の教育ローン18商品を、3個のポイントで比較して徹底検証。おすすめの教育ローンをランキング形式でご紹介します。

マイベストが定義するベストな教育ローンは「手軽に申し込みができ、十分な資金を借りられて返済負担が少なく、どこでも借入ができる商品」。
審査はある?必ず借りられる?返済は大変?などの利用時の疑問にも答えているので、ぜひ利用の際の参考にしてください☆

 

ロゴアイコン 監修記事掲載のお知らせ(スゴい住宅ローン探し【長期金利、上昇局面のメリット?生命保険の「予定利率」引き上げで家計にプラス効果】)

マネー

2024年6月20日 16:53

リクルート様のスゴい住宅ローン探しサイトにて、新たに監修記事が掲載されましたのでお知らせします。

今回監修した記事のテーマは
【長期金利、上昇局面のメリット?生命保険の「予定利率」引き上げで家計にプラス効果】
記事へのリンクはこちらになります↓
https://finance.recruit.co.jp/article/n172/

2024年5月30日、長期金利の代表的な指標である新発10年物国債の流通利回りが、一時的に1.1%まで上昇しました。これは約13年ぶりの高水準であり、これから住宅ローンを借り入れしようと考えている人にとっては大きな懸念材料になるでしょう。また、長期金利上昇の影響を受けて、各生命保険会社の「予定利率」は続々と引き上げられており、今後は商品を見直すことで将来的に受け取るお金が増えたり、保険料を安く抑えられたりする可能性もあります。そこで今回は、これから住宅ローンを借り入れ人に向けて、長期金利の上昇が住宅ローンおよび家計に与える影響と、そのようなときこそ生命保険を見直すメリットについて解説していきます☆